« 2013年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年8月

TOMIX JR N700-2000系を6両編成運用

TOMIX JR N700-2000系を6両編成運用
TOMIX JR N700-2000系を6両編成運用
TOMIX JR N700-2000系を6両編成運用
土曜日に、TOMIXから発売されたN700-2000系基本セットを購入しました。

実はこれとは別に、300系と、0系をゲットしているので、キャンペーンの0系お召し列車に応募しようかと思いましてw

さて、このN700-2000系基本セット、今回のキャンペーン対象商品の中では比較的安価で嬉しいのですが、それもそのはず、両先頭車+動力車(5号車)の3両編成なんですよね。

まぁスターターキットの車両だと思えば納得なのですが、やっぱり流石に3両編成の新幹線は寂しい。
せめて300系と同じく6両にしたい…

ってことで、6両編成化してみました!
(`・ω・´)=3

2号車、8号車、9号車を導入し、計6両。
6畳間での走行だとこのぐらいが限界だし、まぁほどよい感じだと思っています。


…さて、ここで「あれ?」と思った貴方は流石です。
N700-2000系は、基本セットの他は、3・4・10・11・14号車の入った増結セットAと、2・6・7・8・9・12・13・15号車の入った増結セットBが発売されているだけなので、「2・8・9号車のみを増結」は出来ないのです。

では何をしたか?

写真の8号車をよく見て頂くとその答えが。
…あれ?「775-9001」??

まぁ答えは単純、バラのN700系を付けてみたんですね。


実は、増結キットは欲しいものの、安い方のAですら定価ベースで1万越え、しかもAだとグリーン車が入らない。

うーんどうしようかなー…と思っていた、そんな時、大宮のTOMIX WORLDでジャンク市を開催するとの話を耳にしました。

新幹線はともかく、なんか面白い商品無いかなー…と考えて、遊びに行ってみることに。

ジャンクコーナーには、一両ごとに袋詰めされた車両がゴロゴロしてました。
で、何気に見ていたら…あれ?N700系がある!?

N700系のカプラーをよく見ると、なーんかN700-2000系と同じじゃね…?
というか、そもそもN700-2000系はN700系のブレーキ特性改善版なんですよね?したら外観とかも違和感ないのでは…?

そんな訳で、物は試しに、と言うことで、ジャンクの中から程度の良い2・8・9号車をピックアップしてみた、と言うわけです。

実はN700の他にも、700-3000系もあったのですが、これはカプラーの形とかで判断出来ました。


で、帰宅して繋いでみたら、あれ、あっさり接続出来たよ!?
Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

どちらも通電カプラーだし、これはラッキーでした。


で、2号車を5号車の接続部分を見て頂くと分かるのですが、まぁホロの部分が若干高さに違いがある…かも?
でもこれは個体差の可能性もありますし、どちらにせよ寄って見ない限り気になりませんしね。

実際に走行させてみましたが、走行自体は何ら問題ありませんでした。
8号車が若干ズレ気味かも…?という気がしないでもないですが、そもそもR280で走らせているので、ちょっとキツい状態ですしね。
R317以上なら気にならないかもしれません。

勿論、厳密に考えるならNGな運用なのでしょうが、それを言い出すとそもそも16両じゃないN700-2000系という存在自体がNGな気もしますし、まぁホビーとしてはこれで十分だと思っています。


ただ、剥き出しのジャンクで買ってきたので、ケース購入は急務ですw
6両用ケース買ってきて内部加工かなぁ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WinPad A1 mini

WinPad A1 mini
WinPad A1 mini
秋葉原の東映無線ラジオデパート店にて、税込19,980円という格安で販売されていた、Windows 8.1 with Bing 32bit搭載の8インチタブレット、WinPad A1 mini。

幸運にも初回入荷分を購入することが出来ました!
\(^O^)/

いやー、何か即日完売しそうだったので慌てて購入したのですが、予想通り売り切れましたね…。


で、一応気になったので、CDブートでウイルスチェックしようと思ったのですが…
レガシーブートのやり方が全然分かりません!
Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

いや、セキュアブートをOFFには出来るのですが、肝心のレガシーブート追加が出来ないんですよ。
何でしょうね、これ…???

一応、ルータ2段構造でウイルスが拡散しない環境を整えた上で、ノートン先生インストールし、フルアップデート後に、フルスキャンして、何も検知されなかったので、一応大丈夫と判断しましたが…。
(念のためrootkit検索もしましたけどね。)

これ、クラッシュしたとき、CDブートできなくて復旧できるのか?
一抹の心配が残ります。


さて、実際の利用に際して、とにかく日本語化が必要です。
いやまぁ中文のままで問題ない人ならそれで良いのでしょうが、私はやっぱり日本語で使いたかったので…。

Windows8.1では言語パックを無料で導入できて、キチンと設定すれば全てのメッセージが日本語表示されますので実害が発生しなくなるのですが。

これが意外に面倒でした。

詳細はググると色々出てくるので割愛しますが、

・言語パックそのもののインストール(追加した上でオプションからダウンロードしないとダメ)
・地域の設定
・Unicodeではないアプリの設定の変更
・日付等を日本に設定
・ようこそ画面等の規定値の変更
・日本語を中文の上位に設定(もしくは中文を削除)

これらを全て設定し、かつ、何度か再起動しないと、うちの環境ではフル日本語になりませんでした。
まぁ途中でWindowsUpdateとか使ってたので、その影響かもしれませんが…。

一度設定できてしまえば通常の日本語版Windowsと何ら変わらないので、そこは便利ですねー。


ちなみに、エクスペリエンスインデックス試してみましたが、結構な値を叩き出しました。
3Dが3.9と伸びませんが、それ以外は結構良い値だと感じました。

実際、試しに艦これ動かしてみましたが、ふつーにプレイ可能でした。
CF-R6にWin8.1入れた環境では映像が遅れまくって大変でしたが、流石に最新機種はちがいますね!
(`・ω・´)=3


ただ、いかんせん輸入品なので、無線LANを使って大丈夫なのか、私は判断できません。
本機はUSBポートがあるので、USB接続で国内販売の無線LANクライアントを接続して…という方法なら法的にはOKになる筈なのですが、本体の無線LANを屋外で使った時にどういう判定になるのか、よく分かりません。

もっとも、実態として、技適マーク無しのスマホとか使った、という理由で摘発、逮捕された例は、京都市の産業観光局観光MICE推進室によると「聞いたことが無い」みたいですね。
※ソース:ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/515470

そもそもこの制度は、一般家電を購入した顧客が、自力で電波法に基づく開局申請を実施するのは非現実的だから…という理由で作られた筈なので、逆の意味での運用は本意では無いのかもしれません。
てか、2020年の東京オリンピックに向けて無料のWiFiスポット整備をしている状況ですから、法律が追いついていないみたいですね。

とはいえ電波は有限の資産ですから、おいそれと規制緩和も難しいでしょうし…
うーん、偉い人も大変だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2015年2月 »